結婚線と手相についての記事紹介

結婚線と手相の真相はいままでの常識とは、少し違うのかもしれません。



結婚線の先が、上を向いていると良い結婚生活であることを示し、反対に下向きですと悪い結婚であることを表しています。手相から詳しい結婚時期などを調べる事は難しいようですが、ある程度の結婚時期を予測する事が可能なようです。結婚線が長く伸び、太陽線へ繋がる場合、結婚することによって社会的優位な立場になることを示し、結婚線の末端が上向きに伸び太陽線とつながる場合は、さらに社会的地位の高い強力はパートナーと結ばれることを表しています。



結婚線とは、小指の根本から感情線の間にある手相の事で、それが感情線側に近いと結婚時期が早く、小指側に近い場合は遅い時期の結婚になるようです。つまり単身赴任や、セックスレスといった状態になるようです。結婚線の先が2本に分かれると、パートナーとの肉体干渉が少なくなっていくことを示します。



結婚線の末端にある×のような印は、結婚生活での障害を示し、小さい物であっても結婚生活には多大な障害をもたらします。結婚線とは、手相占いにおいて、結婚生活がどのような状態になるかを示す相だそうです。結婚線の元が2本で、だんだん1本に繋がっていく手相は、結婚に対して身内からの反対などがあり、結婚するには厳しい状態になるが、しだいに状況が改善され、無事結婚にいたると言うことを示します。



結婚線が感情線にひっついてしまうと、夫婦仲がかなり悪化することを示し、離婚の恐れがあると言われています。横まっすぐに延びている結婚線は、正常な結婚生活ができるということです。




結婚線と手相について取り扱っている関連サイト・ブログを紹介します。これらのサイトも詳しい情報を掲載しています。



手相 結城モイラの「愛の手相講座」

結婚線の本数……結婚線が3本ある 今日で、手相の勉強も6回目! いざ始めると、ほんとに早いものです。第1回目で、すでにお話ししましたが、手相は両手を観て判断しなければならないもの。でも、いきなり「両手を観て」となると、わけがわからなく ... 手相占い 結婚線 手相 結婚線

http://www.moira-net.com/



手相講座 結城モイラ03

以前、手相を拝見したある女性が、ちょうどこのタイプの結婚線でした。彼女、妻子ある男性と恋愛をしていて、悩んだ末に別れを決意したんですね。そして、いったん彼とは別れ、新しい男性と交際を始めたのです。ところが、どうしても別れた男性のこと ... 手相占い 結婚線 手相 結婚線

http://www.moira-net.com/



結婚線 流年法(手相占い)

ここでは結婚線の流年について考察していきます。 結婚線の流年は、感情線と小指の付け根の真ん中を起点にしてみます 手相占い 結婚線 結婚線 年齢

http://www.nurs.or.jp/~tesou/kaisetuyou/0ryuunen/



結婚線(手相):無料占い情報局

結婚線とは(手相占い) 結婚線の出る場所によって、結婚年数が把握できるとされています。小指線と感情線の2等分したところが大体26歳?30歳で、それより下が早婚、それ以上は晩婚型と大体見られております 結婚線 年齢 手相 結婚線

http://www.uranai777egm.com/archives/



手相:結婚線の見方

結婚線というのは、小指の根本から感情線の間にある手相の事をいい、それが感情線側に近い人は結婚時期が早く、小指側に近い人は晩婚になると言われています。結婚線が横まっすぐに延びている人は、正常な結婚生活ができるそうです 手相占い 結婚線 手相 結婚線

http://www.ichiban51.com/kekkonsen-te/



手相の見方 生命線・運命線・結婚線・流年法など ...

皆さんが一番気にしている 結婚 のしやすさ、しにくさを見るのは 結婚線 からよりも実は 生命線 のまわりを見るのです。 「 手相 と 結婚 」のセクションにその一例が出ています。これは 手相 の上級編で、 専門家でも分かっていない人たちが多いのです。 生命線 ... 手相占い 結婚線 手相 結婚線

http://www.uranai.org/



結婚線

結婚線の情報 結婚線から見る結婚時期 手相占いにおいて、結婚線というものがあります。 女性は知っている人が多いのではないでしょうか。 この結婚線のある場所は、小指の付け根の下、感情線という手相の上にある短めの線を結婚線といいます。 人 ... 結婚線 年齢 手相 結婚線

http://www2.site-5x.com/

トップ > 結婚線と手相 > 結婚線と手相についての記事紹介

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。